結婚式には必ず引き出物が必要

結婚式に用意されている引き出物とは、本来は宴席のお土産という意味で用意されているものなのです。


結婚式に列席してくれた人々全員に用意されるもので、メインである2人からのおもてなしの1つとされています。

昔は披露宴の料理の一部をお土産として持ち帰るという風習がありましたが、今日では衛生面の問題からそれができなくなり、料理とは別に様々な記念品が用意されるようになったのです。



本来の意味は「お土産」なので、列席者全員に同じものを用意するのが一般的でした。
しかしそのお土産の意味が徐々に変化し、最近ではお祝いしてもらったお礼・お返しという意味合いが強くなってきたことから、記念品も相手に合わせて変えたりする人も少なくはありません。このような思考が主流となってきていることから、結婚式場でも「引き出物はお礼ですから」と説明するスタッフも多くなりました。
一言に引き出物と言っても、それにまつわるマナーな様々です。



古くから伝わる一般的なマナーに加え、その地域独特のマナーなどもあります。
自分たちがどこで結婚式を行うのかなどを考えた上でも品物選びは慎重に行う必要があります。


結婚という儀式において、避けなければならないのが偶数です。
偶数は割り切れてしまう数であることから、結婚式には縁起が悪いとされているのが所以です。



そのため記念品選びにおいても引き出物+引菓子の合計が奇数になるように構成するのが一般的です。



もちろんこれに紅白まんじゅうや鰹節などの縁起物である「しきたり品」を合わせて3品にしてもよいですし、引菓子を多めにして奇数になるよう調整したりと内訳は人それぞれです。


特に決まりはないのですが、地域性もあるため、どのような内容にすべきなのか、また古くから家系の決まり事があるのかなどを家族に相談しておく方がよいでしょう。
今日では引き出物にも様々な種類があります。

ギフト券の種類を知りたいならこちらです。

昔からよく用いられるのが食器やグラス類、ブランドタオルなどでしたが、最近では様々なインテリア雑貨をはじめとし、オシャレなキッチン用品や家電などもあります。

また何を選んだらいいのか分からない場合やゲストが好きなものを選べるようにカタログギフトというものを用意する人も多くなりました。



カタログギフトは金額に応じてカタログが分けられており、そのカタログに掲載されている商品であれば何でも、自分の好きなものを注文できるというものです。

食器やタオルなどの定番商品をはじめとし、日常的に使える雑貨やベビー用品、また洋服など様々なものが掲載されています。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6023568.html

そのため用意する側ももらう側も遠慮する必要がなく失敗もないため、多くの人がこのカタログギフトを利用しています。
ゲストによって品物を変えていると、準備段階で何か手違いが起こってしまう可能性もあります。

http://smany.jp/4131

トラブルの元ともなるので、なるべくは贈り分けをせずに統一し、またゲストに喜んでもらえるように何を準備するかを考えるようにしましょう。

関連リンク

結婚式には必ず引き出物が必要

結婚式に用意されている引き出物とは、本来は宴席のお土産という意味で用意されているものなのです。結婚式に列席してくれた人々全員に用意されるもので、メインである2人からのおもてなしの1つとされています。...

more

引き出物の宅配サービスを利用するメリット

結婚式には新郎新婦を祝うために様々なゲストが招待されます。親や親戚を始め、職場の上司や同僚、昔からの友人など多種多様な顔ぶれが揃うことになります。...

more