商品券を選ぶ条件の一つは種類

商品券には、数ある店舗で使える全国共通を始めとして、特定の店舗や商品のみに使える、幾つかの種類が存在します。

商品券の種類の最新情報が知りたい方にはこちらです。

前者の特徴は、使えるお店が全国的にあって、誰が貰っても無駄なく使える可能性にあります。

また、該当する店舗であれば、額面分がほぼ現金と同様に使えますから、使い勝手の点が優れています。

一方の後者は、使える対象が限られるものの、特定のお店や商品で使って欲しい、という場合に有効な選択肢です。



受け取る側からすれば、使い勝手はやや前者に劣りますが、額面分が現金と同じ感覚で使える点は共通します。
つまり、商品券の使用条件において、主な前者と後者の違いは、店舗や商品が限定されるか否かの差に過ぎません。

商品券の最新情報をご提供します。

これらの種類は、贈る目的に応じて使い分けられるので、むしろ贈る側の事情に合わせて選べる、自由度の高さが魅力に繋がります。
前者に該当する全国共通商品券でも、購入する商品の種類によっては、支払いに使えない場合があります。
一見、何にでも使える自由があるように思えても、実際は使用条件が存在するので、必ずしも現金と同様の使い勝手が、完全に得られるわけではありません。

しかし、直接現金を贈りたくないといった場合、現金代わりになるのは事実ですから、商品券は現金の贈り物に適さない時に、最適な代替の選択の種類となります。


代表的な券種には、各種のデパート専用タイプであったり、特定のスーパーで使えるタイプが挙げられます。


このタイプは特定の店舗専用なので、使えるお店が限られることが特徴です。

同様の物としては、家電量販店で使えるタイプ、他にも洋服店や食事処、玩具の購入に使えるタイプもあります。どれを選ぶと喜ばれるか、これは受け取る人次第ですから、相手の立場を考えて、最適な物を見付けることが大切です。

手軽に商品券を贈ったり、贈った物を相手が使えるか分からない場合は、電子タイプの種類が選択肢に加わります。
電子タイプとは、文字通り紙の券という実物ではなく、購入の権利を金額と合わせて相手に贈るやり方といえます。



これも、特定の店舗のみで使える方法ですが、カードで支払いを済ませれば、後はメールで直ぐに贈ることが可能となります。


紙の券は送られてこないので、その点は多少の物足りなさに結び付き得ますが、気軽さと利便性の点においては、従来よりも優れているでしょう。



紙のタイプは、受け取った人に重みが感じられる利点と、券の形で贈れることが魅力的です。
電子タイプの場合は、贈った先の相手が直ぐに使えたり、ショッピングの際に来店を強制しない点がメリットになります。

https://4meee.com/articles/view/127189

ただ、売却したり金券ショップでの買取は不可能なので、制限に関しては留意しておく必要があります。


紙タイプの需要は、まだまだ電子マネーより現金派が多いことも相まって、登場から年月が経っている今でも、根強い人気が残り続けています。

http://www.sankei.com/west/news/160615/wst1606150014-n1.html

所が、電子タイプの需要は増加しているので、将来的には紙よりも上回ると予測出来ますが、暫くは紙タイプと併存すると考えられます。

http://girlschannel.net/topics/326575/

関連リンク

結婚式には必ず引き出物が必要

結婚式に用意されている引き出物とは、本来は宴席のお土産という意味で用意されているものなのです。結婚式に列席してくれた人々全員に用意されるもので、メインである2人からのおもてなしの1つとされています。...

more

引き出物ランキング

引き出物は結婚式で新郎新婦から、わざわざ時間を作って来て下さったゲストに感謝の気持ちを込めてプレゼントするものです。その嬉しかったものは、ランキング1位はなんといってもカタログギフトです。...

more