ギフト券を購入するには

お祝いやお返し、会社などでのレクリエーション大会の景品で何を贈ればいいのか分からないとき、強い味方になるのがギフト券です。


商品券といって何でも買えるものから、図書カードやお米券、お酒やおもちゃ屋さんで使える用途の決まった券があったりと、その内容は多岐にわたります。
相手が何が欲しいか分からないとき、好みのものではないものを贈りたくないというのが、日本人ならではのおもてなしの心です。

その点、ギフト券でしたら相手の好みでお買い物をしていただけるので、贈った側ももらった側もお互いに嬉しい気持ちになります。

ギフト券はもらったことはあるけれど、今まで贈ったことがない、購入したことがないというひとも少なからずいると思います。どこでどのように購入すればいいのかは、基本的にはギフト券を取り扱っているお店で購入するのが一般的です。
サービスカウンターなどで取り扱いの案内が出ていることが多いので、係の方に聞いてみましょう。

相手がお酒が好きな方であれば酒屋さんで、お子さんが生まれたばかりの方へであればおもちゃ屋さんで、などおおまかなジャンルが決まっている方はそのような購入方法もいいですし、ジャンルもなにも分からないというのであれば、何でも買える商品券をお勧めします。金額も500円、1000円単位で好きな金額分選ぶことができます。


忙しくて店舗に買いに行く時間がないという人は、インターネットでも購入できます。
ホームページから手続きでき、住所や簡単な記入をするだけで数日後には自宅に届きます。

のしを付けてくれたり、化粧箱に入れてくれるオプションがあったりと、実際の店舗と変わりなく手に入れることができますので、一度試してみるのもいいでしょう。

ギフト券で気を付けなければいけないことは、額面以下での買い物をした場合におつりがでないことが多いのと、有効期限があるものがあったりすることです。
また、店舗や商品によって使えないものもあったりしますので、券を使う前に店員さんに確認すると安心です。


最近では紙の券ではなく、カードタイプになっているものが人気です。


ポイントが付与されているので、買い物した額面分のポイントが消費されるため、おつりが出ないということがありません。


残りのポイント数は買い物したときにもらえるレシートにしっかり記載してありますので、いくら分残っているか確認できるので便利です。


特にお祝いだと金額が記載されているため、贈った側の気持ちがあからさまだからという理由で避けてしまう方もいるようですが、相手が望んでいない贈り物になってしまっては、せっかくの気持ちが台無しになってしまいます。
最近は、もらう側ももらうことに慣れてきた人が多いため、堂々とプレゼントしてみましょう。
たとえすごく喜んではもらえなくても、いらないという人はいないでしょう。大きなお祝い事だけでなく、普段から忙しいあの人に一杯分のコーヒー券を贈るだけでも素敵なプレゼントになりますよ。

お手軽さが魅力のギフト券の購入情報は信頼性が高く、好評です。







1人1人に合ったブライダルギフトの情報を提供しているサイトです。

http://getnews.jp/archives/1486009

https://allabout.co.jp/gm/gc/78665/

http://www.mbs.jp/news//kansai/20160529/00000016.shtml

関連リンク

結婚式には必ず引き出物が必要

結婚式に用意されている引き出物とは、本来は宴席のお土産という意味で用意されているものなのです。結婚式に列席してくれた人々全員に用意されるもので、メインである2人からのおもてなしの1つとされています。...

more

引き出物の宅配サービスを利用するメリット

結婚式には新郎新婦を祝うために様々なゲストが招待されます。親や親戚を始め、職場の上司や同僚、昔からの友人など多種多様な顔ぶれが揃うことになります。...

more